スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

出撃! 2008.08.10釣行記 番外編 たまには…

出撃! 2008.08.10釣行記 番外編 たまには…

 番外編です。
連日の猛暑とゲリラ豪雨。
それに加えて、仕事が一年で最も忙しい時期。
そんなこんなでようやく夏休みに突入したので、
ウキ釣りでアジを釣るというお気楽フィッシングに行ってきました。

 今日も厳しい暑さでしたが、
家を出る頃に空は真っ暗雷ゴロゴロ
同行の☆あかりん氏との待ち合わせ場所に着く頃には
まさにバケツをひっくり返したような雨がドウドウ
おかげで合流が遅れましたが、N漁港を目指しました。
着く頃には雨も上がっていました。

 アジといえば、サビキで釣る人が多いのですが、
サビキはどうにも性に合わないので、ウキ釣りで釣ります。
ウキ釣りシステムは以前記事に書いたとおりですが、
キモになるのは“ウキ”です。
もう一度紹介しておきます。
 hanabira
 「花びら」というウキで、浮力、感度が抜群です。
バイトをことごとく感知します。
もともとはハヤ釣り用の反則仕掛けです。
 
 で、釣りを開始しましたが、
先の雨で魚の活性が高く、撒き餌にライズしてくるほど上ずっています。
アタリは出ますが、すっぽ抜けが多いです。
針先もなまっていたようで、針を交換すると乗り始めました。
魚が上ずっているときって意外と釣りにくいものです。
そのうちタナが下がっていって釣りやすくなりました。

 sunset0810-1
 sunset0810-2
 漁港の夕暮れは本当にいいですね。
特に今日は雨上がりなので、涼しく気持ちいいです。

 アタリが止まったので、ウキ釣りを切り上げ、ルアーにチェンジです。
K漁港に移動し、ロックフィッシュ・マゴチを狙ってみましたがノーフィッシュでした。

 で、本日の釣果はウキ釣りでのアジが30尾ほど。小鯛が少し混じりました。
 aji0810
 ちなみにアジは釣ったその場で手でさばきます。
写真のようにエラからカマの部分を指で引きちぎり、ワタを出します。
これをしておくと魚の鮮度は抜群に保たれます。
するのとしないのとでは違いは歴然。
是非お試しあれ
 
 ロックフィッシュには厳しい天候が続きます。
幻のキジハタはいつキャッチできるのでしょうか。


↓↓↓クリックしていただくとありがたきしあわせです
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

アジアの夕暮れ

×ックル×リーで30分も雨宿りしてもうた、別に買う物無いのに…。
それにしても凄まじい雷雨でしたね。もはや亜熱帯。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
小アジの現場手さばきは様々な利点のあるスグレ技ですね。
15センチぐらいまではこれで間に合うんじゃないでしょうか。

***************【現場手さばきの利点】***************
① まずは勿論、ハイレベルでの鮮度キープ。ほんま抜群、一気に放血できるし。
② 包丁を使わないのでそのスピードたるやまさに神。
③ 取り除いたエラや内臓が家庭ゴミにならずエコ。臭いも無し。
④ ③との関連で、それらが生物のエサになり無駄なし。
⑤ 帰宅してからもgood。さばく手間不要、らくちん料理で家庭円満。
⑥ 食べる時、箸でつまみやすい(笑)

数年前、隣で釣ってたあんちゃんにこのやり方を教えてあげた。
で、次に行った時も彼が居て開口一番、
「ありゃイイっすねー。女房も大喜びでした」
サビキでの小物釣りが好きな彼、でも調理は奥さん任せだそうで。
それまで奥さんは小アジ一匹一匹を包丁でさばいてたそうです…(-_-)ウーム

【追記】
小アジの手さばきに関してつけくわえておきます。
この方法、手でやるので引き裂いた面がボロボロになりそうですがさにあらず。
丸で布を裂くように、一定方向に筋肉繊維が剥がれていきます。
やっていて、何か切り取り線に沿って紙を切り離しているような感覚。
ちょっとした快感ですね(^o^)
調子こいて他の魚(ウミタナゴ、コノシロ他)でもやってみたんですが、
こりゃ大失敗。グチャグチャ悲惨な状態に…小アジのみに使えるワザ?

さらに、エラ&内臓を除いた後は露出している背骨に人差指のツメを立て、
前後にコチョコチョやってこびりついてる血や汚れをきれいにしましょう。

No title

前日の早朝にN漁港に行ってました、と言っても手漕ぎゴムボートですが(汗、N漁港の旧波止周りも海中を覗きこんだところマゴチがボチボチと居ました。

そこの沖波止には時々渡っていますが、デカテトラが平気であればアカラブはかなり釣れると思います。水深も6・7mありますし、足元に落とし込むだけで数匹は大抵釣れますので。

N漁港で週末に白いゴムボートが浮いてたら多分自分です、声を掛けて頂ければ沖波止ならお渡ししますので。にしてもアジゴは刺身にするとびっくりするくらい美味しいものですね。

>☆あかりん氏

やっぱ魚は鮮度が命。
たった今唐揚げでいただきやしたv-290
甥っ子も「おいしい!」連発し、バクバク食ってました。
今日は甥と姪を連れて海水浴へ。
とはいっても私はその隙に…
今から記事アップしますv-354

>774さん

沖の波止は人が入っていない分反応が良さそうですね。
ロックフィッシュはそれが特に顕著です。
水深が左右の波止よりあるのも魅力的ですv-336

お言葉に甘えて、是非声を掛けさせていただきます。
私はナイキのキャップをかぶって気違いのように撃ちまくっているので、
お気づきのときは是非声をおかけくださいv-356
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。