スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

出撃! 2013.09.16釣行記 サゴシ乱舞!

出撃! 2013.09.16釣行記 サゴシ乱舞!






 世の中三連休だった方も多いようですが、
スナイパーは月曜が唯一のオフでした。
んが、折しも台風接近中。
昼くらいから風は収まるだろうと楽観していましたが、
収まる気配はなし。
北風なので、博多の海は厳しいだろうと判断し、
またあの島へ逝ってきました。











 昼から高速をカッ飛んで2時前に到着。
島へ渡る橋の風速表示では6m。
まあ風裏だったらなんとかなるでしょ。
ということで風裏の地磯に入りました。
今回は一応投げ五目がメインですが、
状況に応じてワームやジグでフィッシュイーターも狙おうという魂胆。
投げの反応は激渋。
投げ釣りターゲットはどこに行っちゃたんでしょう?
ワーム変えて数投したとき、目の前で突然大ボイル発生(゚∀゚)
胴付き+ワームのままキャストー!
胴付きの表層マッハ引きーw

ゴン!

きましたよ~



 sagosi130916



 ボイルの正体はサゴシでした。
水面突き破ってジャンプするくらいの激しいボイルだったので、
正体は予想ついていたんだけどね(^_^;)
ハリスが切られないかヒヤヒヤでした。
エラ掛かりだったのでランディングできました。
すぐにリーダーをダブルラインにし、ジグをセット。
もう一尾掛けましたが、目の前でサヨナラ~
アシストフック切られました(´д`)











 その後も散発的に1時間以上大ボイルは発生しましたが、
いずれも射程距離外(>_<)
この地磯に見切りをつけ、漁港を二つ回りましたが、
釣れるのはエソばかり。
ということで今回はサゴシひとつで終了です~
いよいよ秋本番ですな。
次はカマス釣りてぇな。
ではまた(o・・o)/~












↓↓↓クリックしていただくとありがたきしあわせです
にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

サゴシ捕獲おめでとう御座います \_(^◇^)_/\(*^^*)/

確かメタルジグのアシストフックのハリスは、耐摩耗性、耐切創性に優れたケブラー糸だったはずですが・・・

それでも、切られましたか・・・
本当にサワラの鋭い歯には油断できませんね・・・

ケブラーより優れたザイロン糸でも安心できませんね。

私自身は、雷魚、鰆、魳といった鋭い歯を持つ魚には、ダブルライン+ケブラー/ザイロン糸のショックリーダーを使用して居ります。

ありがとうございます。
抜き上げ時に首振られて一発でした(´Д`)
もうどうしようもないですね。
ルアーロストでなかった分マシとあきらめるしかないですね。

飛距離さえ出れば、サゴシにはテキサスのマッハ引きが一番安心です。
ワームフックは大きいので、掛かってしまえば、まずバレません。
もちろん先端はダブルラインにしておかないとヤバイですが。

よかですねーサゴシ。
使命を果たし散華したワームも本望でせう(T-T)ウミユカバ

しかし当日の強風、よく橋渡れましたのぅw

ようやく熱気も落ちつき、日射はまだまだキツいけどカラッとしてて。
本格的な秋到来で嬉し。
(過ぎ去れば猛暑の日々も少々懐かしくありますが)

目の前であれほど乱舞しながらキャッチが1とは…(´・ω・`)
こういうときって意外に数は釣れないんですよね。
以前のサバのように特に乱舞する訳でなく、
ベイトに着いてウロウロしているときの方が数は伸びますね。
しっかしホントに秋ー!って感じですね。
でもなんだかここんとこ忙しいっす(ToT)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。