スピードこそ命!

スピードこそ命!

 さて、前回の記事で3つのキモを挙げましたが、今回はその1点目である「速さ」について
もう少し解説いたします。
 結論から先に言えば、この釣りには向き不向きがあります。人はそれぞれにリズムという
ものを持っていて、リズムに合わない釣りをしてもなかなかなじめないものです。
ちなみに私はせっかちで、例えばダウンショットリグでネチネチ誘うような釣りは生理的に
受け付けないので、まったくと言っていいほどしません
 フリップやピッチングというのは、魚が潜んでいるであろうカバーのピンスポットに
ルアーを落としていくテクニックです。落ちてくる物に興味を示すという魚の習性を最大限に
利用した釣り方です。よって、ルアーを落とす回数=キャスト数がモノを言う釣りです。
実際バイトは、1着水時(バスでは多々ある) 2着底直前 3着底時 
4着底後のワンアクションめに集中します。とにかく粘らずにキャスト数を増やすのが
キモなのです
 ちなみにキャストの間隔は私の場合、最短約7秒です。実際にやってみるといかに
速いテンポなのかわかると思います。 あと、速さの追求にはタックルも大きな要素と
なります。特に左手巻きリールの普及は大きいです。かつてはフリッピングでしかなしえなかった
テンポがピッチングでも可能になりました。
 次回はタックル(道具)についてです。では。

↓↓↓クリックしていただくとありがたきしあわせです
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索