出撃! 2011.07.13釣行記 スピナーベイトでキジハタを狩る!

出撃! 2011.07.13釣行記 スピナーベイトでキジハタを狩る!

 梅雨が明け、連日の猛暑です。
正直うんざりですが、オフの日に部屋に閉じこもっていられる訳もなく、
気合いを入れての出撃です。
謎のアングラーnaraki氏が同行してくれました。
 takasima110713
 フィールドは前回30オーバーキジハタをゲットした鷹島ですが、
今回はあるテーマを持っての釣行です。
少し話が逸れますが、スナイパーが釣りをするときに心がけていることがあります。
それは「前回釣れたから」「去年良かったから」というアプローチを極力避けるということです。
特に今年はそれに留意し、同一スポットへの連続釣行はほとんどなしです。
タケノコメバルに関していえば、今年は去年釣れた磯へはまだ1回も入っていません。
それだけに厳しい状況が続いてはいますがw
「どこそこで何が釣れた云々」という情報だけを仕入れ、そこへレッツゴー!
なんてのは笑止千万、それなら猿でもできますわな。
自身の釣りの幅を広げ(釣れる釣り場の確保という意味も含む)、スキルアップのためには
何がベターなのかを考えたいものです。



 さて、本題。
今回のテーマはスピナーベイト!
キジハタを始め、ロックフィッシュがハードルアーでも釣れるのはもはや衆知の事実。
が、スナイパー自身はこんだけロックフィッシュやっておきながら、
未だハードルアーでのキャッチ経験はなし(>_<)
過去に何度かチャレンジはしたものの、中途半端に終わってしまいました。
この時期の対キジハタなら可能性高いかなと考え、実行です。
今回の主役です。
 spinnerbait110713
 上が拾ったスピナーベイト(メーカー、名称不明)。
全体のシルエットとフックが小さかったので、ロックフィッシュ向けと思いチョイスしました。
ウェイトが足りなかったので、ヘッドとフックに板おもりを接着し、重量増加させてます。
多分10gを超えるくらいになったかな。結構飛びます。
更にブレイドを家にあった、ウィローリーフの一番小さなものに交換し、
浮き上がりにくくしました。
下はジグスピナー。
2個入り150円(ジグヘッド、ワーム別)くらいで売られていたもの。
これはバスフィッシングにおけるシークレットルアー。
春先や秋の野池では無敵です。
チビからデカバスまで、文字通り根こそぎ釣っちゃいます。マジで。
今回は出番はありませんでした(+_+)
とにもかくにもバスに強烈に効くこれらがロックフィッシュに効かない訳がありませんね。
他にもテールスピナーやバイブレーションやミノーやメタルジグなどの選択肢もありますが、
カバーに直接ブチ込めるのスピナーベイトだけですね。
スピナーベイトに決まり!



 まずは漁港内の敷石ゾーンをやってみましたがノーバイト。
ベイトの回遊は多かったので、ナイトならいけるかも。
ちょっと移動して防波堤へ。
外側のディープを極大射程で狙いましたがこれもノーバイト。
あ、これはもちろんテキサスリグですよ。
30オーバーが一番期待できるパターンなのですが、退屈過ぎます。
1日やり通せば出るかもしれませんが、今回はパス。
地磯へ移動です。



 ここもスピナーベイトで攻めるには水深があり過ぎるので、
そのままテキサスリグで続行です。
重めのシンカーで遠投し、深めを速い動きで狙いますが反応はありません。
軽めのシンカーで浅めをじっくり誘っていたnaraki氏にヒットです。
 kijihata-naraki110713-1
 これは可愛いキジハタの女の子。
いるにはいますが、活性はかなり低そうです。

 次の一尾もnaraki氏でした。
 kijihata-naraki110713-2
 これも可愛い女の子サイズでした。
が、これでパターンは確定しました。



 スナイパーもゆっくりゆっくり攻めるようにしました。
こりゃスピナーベイトどころじゃないですね。
カツッ!と金属的なキジハタ特有のバイト!
が、すっぽ抜けました。
フォローのキャストでまたカツッ!
今度は思いっきり遅アワセ。
んが…潜られました(T_T)
気を取り直して攻め続けます。
着底後のワンアクションで
 arakabu110713-1
 アラカブ君でした。
今回は君には用はございません。ましてやこのサイズでは…
ちなみにアラカブ、ムラソイともほとんどバイトはなかったので、
これらは一旦シーズン終了のようです。



 今度も着底後のワンアクションでしたが、
グゥーッとなるアラカブとは違い、ゴン!
ようやくスナイパーにもきましたね。
 kjihata110713-1-1
 kijihata110713-1-2
 少し大きくなり美少女サイズ。
小さなメスはある程度の群れでシャローに差してくるという定説どおりですね。
シャローに差してくる30オーバー♂をカウンタースナイプで仕留めるのは至難の業ですな。
反応が鈍ってきたので、移動を決めました。



 次の地磯は小バイトのみで終了。
さらに移動を繰り返します。
まさにスピナーベイト場にやってきました。
水深は1~1.5m前後。ボトムは岩で、ウィードが点在しています。
活性が上がっていれば良いのですが…
数キャストで結果は出ました。
 kijihata-sniper110713-2
 これも女の子サイズですが…(+_+)
キャストしてグリグリ巻いてゴン!
ファーストムービングルアーもやっぱり面白い。
とりあえず今回の目標は達成です。



 シャローをスピナーベイトで撃ち進み、
岩盤が沖にせり出したエリアにたどり着きました。
そのままスピナーベイトで探り続けるもノーバイト。
多少水深があるので、テキサスリグにチェンジ。
コンッとバイトで
 arakabu110713-2
 ポニョ君、さよなら~
30オーバーまで成長してまたスナイパーに釣られてね

 お次もコンッとバイトにフッキングで空を飛んできました。
 bera110713
 妖怪人間でした。
早く人間になりたい~
よくもこんなサイズでフッキングできたな~



 暑さが厳しく消耗も激しいのでストップフィッシング~
結局今回は2人でそれぞれキジハタ2つずつ。
シャローでのメスパターンはかなり確立してきましたね。
スピナーベイトという新戦力で戦術の幅が更に広がったのが、何よりうれしいですね。
自分を進化させるのは自分自身の努力ですぞ。
次はディープのオスパターンを確立させたいですね。
美味しそうなディープはどこじゃろか~ 待ってろや~
乞うご期待~





 ↓↓↓クリックしていただくとありがたきしあわせです
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ











Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

新境地開拓おめでとう御座います。
スピナべの根掛かりのしにくさはカバー攻略にはうってつけですね。

参考にさせていただきます。

根魚天国、松浦半島は福岡市東区からは遠すぎます。
今から、悪魔払いに出撃してきます。

ありがとうございます。
どうも今までロックフィッシングにおいてテキサスリグに偏重しすぎていたと
今更ながら反省してます。
テキサス+ハードルアーと複数ロッドを持ち運べばいいのですが、
移動狩猟民族型のスナイパーにとって、複数のロッド持ち運びは面倒でしかありません。
特に地磯開拓では2本は無理です。
今後は、これまで移動中にスルーしていたようなシャローでハードルアーを投入しようと思います。
ルアーチェンジめんどいけど(~_~;)

ロックフィッシュは苦戦されているようですね。
鷹島、呼子もかなり疲弊してきてますよ。
まあ、まだやってないないエリアも無限にありますが…
東方面にもまだまだいい所あると思いますよ。
去年の同時期、東方面の地磯で同行者がキジハタキャッチしてます。(諸事情で記事にしてません。)
タケノコ、アラカブ、ムラソイはちょっと時期が外れた感がありますが、
キジハタはまだまだこれからです。
グーグルマップで見当付けて出撃されてはいかがでしょう。
意外な宝庫があるかもしれませんね^^


カツエタラトーセンノミズモノミマスジャンジャント

色々のお心遣いいたみいります。
ア×エ×ア×おいしゅうございました。

キーやん対応の微アクションメソッド、自分なりに究めたいですね。
そもそもガチロッドでいかにノセるかを考えた末だったんですが。
誰か竿先にMLティップを6インチほど取り付けてくれませんかね?(懇願)

そりゃそうとワイヤーベイト! ぐわぁー!

大変お疲れ様でした~
やっぱり早め早めにポ×リ×ェ×トでの補給が大切です。

キジハタは両極なアクションが有効のようですね。
活性低いときは極々ゆっくり。
高いときは強烈ジャークorハードルアー。
コンパクトスピベー少し補充しとかんといかんですな(^.^)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索