出撃! 2011.05.20釣行記 一歩先にあるもの…

出撃! 2011.05.20釣行記 一歩先にあるもの…

 2週間以上釣りに行けない状態になっていました。
その間に季節は一気に夏になった感じです。
夏と言えば…
地磯ロックフィッシュシーズンの幕開けですね。
冬~春の漁港も楽チンで悪くはありませんが、
やっぱり本命は夏場の地磯ゲームです。
誰でもお気軽にできる漁港と違い、
然るべきタックルと体力と気力を必要とする、
ある意味「選ばれし男」の釣りという気がします(大袈裟
まあ、とにかく地磯を突き進むワクワク感が堪りませんですね。
もちろん?行き先は糸島半島地磯。
去年から始めた糸島地磯開拓釣行の続きですね。
本命はタケノコメバル。
が、もはや幻の魚になってしまった感が強し。
さて、どうなるのか…



 駐車場所に着いたときにカーラジオが正午を知らせました。
久しぶりの糸島なので、焦らずじっくり行こうかという気分です。
今回のタックルは
 tackle110520
 いつもの80EXHにロイヤルエクスプレス改を組み合わせました。
ラインはナイロン20lb.
モラムはまだ対鷹島漁港の12lb.フロロのままでした。
とりあえずルアーはスーパーシャロームラソイ用ジャンクワームです。



 まずはスーパーシャローのムラソイ狙いからスタート。
散発的にバイトがありますが、スモールバイトばかりで乗りません。
一度だけまあまあサイズのバイトが見えましたが、これも乗らず。
沖の根に狙いを変え、タケノコ&アラカブを狙います。
が、
ナーダ。
没有。
Nothing.
何もなし。
まあ、これも想定内と言えば想定内。
そのうち、行き止まりの谷に行き着きます。
以前からここを越えてみたいとずっと思っていました。
ここを越えてこそ開拓。
前進あるのみです。
イメージした移動ルートを頭に叩き込み、崖を下って、登って、渡り切りました。



 谷の向こうは別世界?
予想どおり、バイトが出始めました。
 murasoi110520-1
 まずはムラソイポニョサイズ。
ここも叩かれているのか?



 バイトが続きます。
 murasoi110520-2
 次もムラソイ。
少しだけましなサイズ。
沖の根のタケノコ&アラカブパターンは捨てて、
シャロー狙いオンリーでいきます。


 ムラソイヒットが続きますが
 murasoi110520-3
 
 murasoi110520-4
 
 murasoi110520-5
 なかなかサイズアップしてくれません。
そのうちまた行き止まりになりました。
さすがにそこから先に行くルートを探す時間はもうありません。
引き返すことにしました。



 往路で見落としたスポットを復路で発見することが多々あります。
今回もそうでした。
“いかにも”な穴を発見。
ルアーをブチ込むとゴン!
今までとは明らかに違うバイトです。
ロッドをグンッと引き込みましたが、
EXヘビーです。反動でブチ抜きました。
 arakabu110520-1-1
 arakabu110520-1-2
 アラカブグッサイ!
楽勝20オーバー。23㎝くらい。
糸島でもまだこんなアラカブが釣れるんですな~


 同じ穴にもう一度ブチ込むと
 arakabu110520-2
 今度はポニョが食ってきました。


 ちなみにこんな穴です。
 the hole110520
 まあ、こんな一等地で反応がなければ、
そのエリアはもう終わっていると考えていいでしょう。



 この穴のすぐ近くにまた“いかにも”な岩を発見。
際にルアーを落とすと、岩陰から目にも止まらぬスピードで飛び出してきて反転!
ロッドが一気にブチ曲がります。
一瞬、動かなくなり、潜られたかと思いましたが、
強引にロッドをあおって引きずり出しました。
 murasoi110520-6-1
 murasoi110520-6-2
 今度はムラソイグッサイ!
楽勝20オーバー。先のアラカブとほぼ同サイズ。


 攻撃の手を緩めません。
同じ岩を別方向から攻めると…
また弾丸アタック!
EXヘビーがブチ曲がります。
さっきのよりデカイ…
岩の下から引きずり出しても左右に走り回ります。
なんちゅうやっちゃ~
が、最後はロッドのパワーでねじ伏せました。
 murasoi110520-7-1
 murasoi110520-7-2
 ど~ん

やりました!ムラソイ楽勝25オーバー。26cmを少し超えてました。
これだから開拓は面白い。
人が入っていない所には間違いなくいます。



 この後反応が鈍り始め、
 murasoi110520-8
 murasoi110520-9
 黒ポニョ2尾を追加したのみ。
飲料水も尽きたのでストップフィッシングとしました。



 今回のキーパー。
 fish110520
 どうだい。糸島でもまだ釣れますぜ。
ヘビータックル&ガッツが必須条件。
男になりたきゃ糸島の地磯を攻めろ!?



 ちなみに今回越えたのはこんな谷です。
 the valley
 今までで最恐難所でした。
ちょっと無茶しましたかね。反省です。
今後は単独釣行での強行前進は慎みます。
が、「一歩先にあるもの」はバスもロックも変わりません。
かつてバスでもそうでした。
エレキの土台に空のペットボトルを挟み、ペラが半分水中から出るほど浅くし、
他のボートが絶対に入ってこないようなシャローに突き進んでいました。
まさに魚の体高しか水深がないスーパーシャローで仕留めたビッグバス。
人が獲れない魚を獲る。
これまでも、そしてこれからもスナイパーのスタイルです。
まだまだ糸島開拓続きます。
次回をお楽しみに~



 
 ↓↓↓クリックしていただくとありがたきしあわせです
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ





 


 
 


 


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

(;゚д゚)ゴクリ…

お、男や・・・

ムラソイ26はまさに圧巻ですね。。
集合写真もなんか別の魚に見えますw

しかし、この崖はやべぇっすよ((((;゚Д゚))))
お気をつけ下さいΣb( `・ω・´)
(もちろん気をつけてGoという意味でw)

男闘呼

どや、男やろ~

虎穴に入らずんば虎児を得ず。
糸島で釣りたきゃ男になるしかねぇんだな。
そうや!お盆の釣行は皆で糸島の断崖降りるぞ~
タックル+ヘルメット+ナイロンザイル準備でOK?
その前にスナイパーズブートキャンプが必要かな(^v^)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索