出撃! 2011.01.18釣行記 実戦 実践 JISSEN

出撃! 2011.01.18釣行記 実戦 実践 JISSEN

 寒い。

今年はホントに寒い日が続きます。
この天候に加え、相当数の個体がスポーニングを終え、アフタースポーンの状態。
ロックフィッシュたちの活性はどん底状態にあると容易に推測できます。
そんな低活性の魚たちとどう対峙するか。
スナイパーの課題です。
あくまで攻めの姿勢を失いたくない…
そこで考えたのが前回の記事で紹介したスピニングパワーロッド。
フィネスで食わせ、パワーでねじ伏せる。
相反する二つの要素を上手く融合できているような気はしますが…
実践のない理論はどんなに優れた理論でも机上の空論。
という訳で、実践するために実戦です。



 戦場は鷹島。
スナイパーの知る中で最も安定してバイトが得られるフィールドです。
 takasima110118
 スナイパーのあ気に入りの風景。
福岡ではお目にかかれないリアス式の地形が広がるパノラマ。



 今回はこの2つのタックルで挑みます。
 tackle110118
 上はちょいと久しぶりの登場クァンタムの76フリップロッド。
ソルティーステージはお休み。
少しでも乗りを良くするための措置です。
とは言ってもEXHがHになるだけやけど
モラムもプチチューニング。後程紹介。
下がアームズスティック70MH コンバーションSP!
まさに羊の皮をかぶった狼。
改めて見ると独特の凄味があってなかなかCOOL
指定ウェイト3/8~1OZ 指定ライン10~25lb.
こんなスペックのスピニングロッドなんてありゃしない。



 戦闘開始です。
今一番熱い漁港からスタートですが…
反応はありません。
もちろんベイトタックルの通常のテキサスリグから始めています。
反応があって乗らないときはスピニングの出番です。
しばらくしてショートバイト、というよりショートタッチが出始めました。
スピニングライトテキサスですかさずフォローしますが食いません。
こういうのが何回か続きました。
通常テキサスには口を使うのに、フォローのライトテキサスには口を使わない…
おそらく活性があまりにも低く、反射的に口を使っているのでしょう。
で、ルアーを小さくしても反復バイトはしません。
移動を決めました。



 さて、どこに行くか。
困りました。今回も風が強く、かなり場所が制限されます。
風が当たるのを覚悟で、ある漁港に入りました。
ここは年末からずっと強風のため入っていません。
今日も釣りができるギリギリのコンディションです。
が、ここには絶対に食う奴がいるはずです。
読みは的中です。
ファーストキャストにバイト!
が、乗ったのは一瞬。
やはり通常のテキサスでは無理なのか。
ライトテキサス投入!
が、これでもショートバイトです。
最終手段のテキサスジグにチェンジ!
これでようやく乗りました。
 arakabu110118-1
 う~ん、サイズが(+_+)
タックルのインプレッションですが、
ロッドは使い慣れた堅さなので、
キャスト、ルアー操作、ファイト等全く問題なしです。
リールも10lb.ナイロンでトラブルが心配でしたが、ノントラブル。
ナイロンラインの使い易さを再認識しました。
あえて言えば、1500番は小さいかな。
2000番だったらラインキャパも大きくなってよりベターでしょう。
でも、持ってないし、今更買う気もなし(@_@)
このタックルはこのまましばらく使ってみようと思います。



 スピニングタックルの根掛かりを機に、
ベイトにチェンジし、しばらくそれで押し通すことにしました。
それが功を奏したのか
 arakabu110118-2
 ちゃんとテキサスを食う奴もいます。
が、サイズは伸びないままです。
そのまま粘ってキャストを続けます。
ベイトフィッシュが足下に寄ってくると
バイト!
 arakabu110118-3
 写真の使い回しじゃないかってくらい同サイズ(T_T)
まあ、テキサスリグでフッキングが楽しめただけでも喜びましょう。
この後、風向きが微妙に変わり、いよいよ直撃~
移動を決めました。



 この後、2か所漁港を回りましたが、
最初の漁港と同じく、一発は食うけど、二発目はなし状態が続きました。
最初からライトテキサスを投げても無反応です。
バスでたとえると、メタルジグには反応するけど、
他のルアーには全く反応しない。
厳寒期のあの状態ですね。
 cocoa110118
 ココアを飲んで日没まで粘りましたが、
魚の活性は上がる気配もなし。
今回も完敗です。



 今年はまだボテボテの内野安打しか出てません。
ホームランとは言わないまでも、せめてクリーンヒットや二塁打は
出てほしいのですが…
厳しい状況はもうしばらく続きそうです。



 あ、おまけのモラムプチチューニング。
 break110118
 ネットで見つけた情報なので、結構やってる人多いかもしれません。
遠心ブレーキのブレーキシューをボールペンの芯で作りました(透明のパーツね)。
ちなみにノーマルはコルク製。
スナイパーはコルクを瞬間接着剤でカチカチに固めるチューンを施してました。
それよりもブレーキの効きは格段に良くなりました。
良くも悪くもモラムらしさがなくなります。
元来モラムはピッチングとブン投げ大遠投は得意ですが、
中距離コントロールキャストは苦手です。
スプール回転がじゃじゃ馬なので、コントロールが難しいのです。
このチューンでじゃじゃ馬らしさが失われます。
冬場は指がかじかんで、サミングもラフになるので、
これくらいマイルドになってくれた方がいいかもです。
しばらくこの状態で使ってみます。
ではまた!




 ↓↓↓クリックしていただくとありがたきしあわせです
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ


 
 



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

低活性の中の釣果、お見事です

低活性の中の釣果、流石としか言い様が有りません。
魚影が濃い筈の鷹島ですらこの状況ですか・・・
私が釣行した、1月2日よりは確実に状況は悪いですね・・・

話は変わって、アンバサダーシリーズで遠心、マグネット両ブレーキシステムを装備している、レボエリートIBなら中距離コントロールはしやすいと思いますが、どうなんでしょう?

ありがとうございます^^

さすがの鷹島も厳しい状況になってきました。
最近の強風でエリアが制限されるのも大きいですね。
まあ、また時間が経てば復活するでしょう(^v^)

いつの間にか出てたんですねエリートIB。
アブのHPの説明書き読みましたが、
遠心とマグの効かせ方が任意で調整できるようですね。
それなら、近・中・遠とも死角なしですね。

私が鷹島遠征で使用した

ベイトリール プロックス バルトムBC-2TB(ツインブレーキ)も遠心とマグの両ブレーキシステムを装備しており、各々独立して効かせ方が任意で調整できますよ。

価格はレボエリートIBの4万円台に対し5千円台と非常に安価ですね。

プロックスは…

なかなかガッツのあるメーカーですね。
オープン価格ですが、実売価格は5,000円台なんですね。
耐久性が実証されれば、今後導入もありかもしれません。
が、今の時点ではやっぱりモラムの初期型がマイベストかな~^^

こんにちわ!

福岡のロックフィッシュいいですね!!
こちらは冬まっただ中最高気温-3度です!
いままで福岡の釣りは釣りビジョンとかで見てたくらいで実際の記事をみてうらやましいです
今後もちょくちょくおじゃまさせていただきます

こんにちは!

ビックローズさん初めまして!
ビックローズさんの本拠地は北海道ですね!
まさにロックフィッシュ天国。
こちらは「ロックフィッシュ地獄」を見てため息をつくばかりです。
これからもよろしくお願いいたします。
こちらもおじゃまさせていただきます^^
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索