スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ザ・テクニック その5 情報処理

ザ・テクニック その5 情報処理

 忙しいっす(@_@)
釣りに行けてません。
週末あたりは行けるかもしれませんが…
という訳で2回連続になりますが、今回も「ザ・テクニック」です。
テーマは「情報処理」。
厳密に言うとテクニックではないかもしれません。
が、ある意味どんなテクニックよりもスナイパーが重視している部分です。
どの程度真意が伝わるかは分かりませんが、興味のある方は是非…


 さて、釣り師というもの、釣行に先立ち、
何かしらの情報を仕入れていることでしょう。
雑誌、TV、新聞、インターネット、釣り仲間…etc
まさに情報が氾濫しています。
で、重要な前置きになりますが、
スナイパーが最も重要だと思う釣り師の資質は
「魚を探す能力に長けている。」
これに尽きます。
仮に魚がいる場所に連れて行ってもらって、見事に?釣れたとします。
もちろんそれはそれで嬉しくはありますが、
それはルアーの選択や動かし方などのテクニカルな部分がアジャストできたに過ぎません。
今あえて「過ぎません」という表現を使いましたが、
もっと大切なのは魚がいる場所にいる時に行くということなのです。
「自分で釣る魚は自分で探す。」
バスフィッシングのときからずっと貫いてきたスナイパーの基本姿勢です。


 例えば、新聞の釣り情報欄。
 newsparper101021
 これ毎週木曜日に朝日新聞に載っているものなのですが、
ロックフィッシャーマンなので、「関門海峡周辺 アラカブ アコウ」に目が行きます。
「船から」となっていますが、オカッパリでも釣れるかもしれません。
次の休みは関門海峡へGO!
よくありがちなパターンです。
で、めでたく釣れたとしましょう。
で、次の休みも関門へ。
で、また釣れた。
で、しばらく通うと釣れなくなるでしょう。
そのときどうするのという話です。
また次の情報を待ちますか?
必死こいて情報を探しますか?
延々とそれを繰り返すのですか?
そのエネルギーを真の意味での能力向上に当てようと思いませんか?


 ここからが本題。
では、スナイパーがどのような情報を仕入れ、どのように処理しているかです。
以前も記事に書いたかもしれませんが、
基本的に情報源はこの二つだけです。
 magazine101021

 googlemap101021
 上 「釣り春秋」社発行 「新 近郊釣り場ガイドマップ」の福岡・山口版と佐賀版です。
 下 グーグルマップ


 で、実際にどう活用しているのかというと…
まず「ガイドマップ」の方ですが、基本的にどこに地磯があるか、漁港があるか、
車を停めるスペースは、トイレは…などという情報のみを仕入れます。
どこがポイントか、いつ何が釣れるのかなどという情報は全くと言っていいほど必要ありません。
例えば
 guidemap101021
 4月に30cmアラカブを釣った漁港のページです。
そもそもアラカブの「ア」の字も載ってない(笑)
あ、アジゴの「ア」があった(爆)
何度でも言いますが、魚は実際に撃って自分で探します。


 グーグルマップは貼り付けた画像のように航空写真にして利用します。
写真にするとおぼろげながら地形が把握できます。
もちろん限界はありますが、水深も読み取ることができます。
あとは、地磯であればエントリー可能かどうか、どこまで歩いていけそうか
などの情報を仕入れます。
あとは実際に行って、撃って魚を探します。
もちろん実際に行ってみると、イメージと違っていたということもしばしばです。


 この3年間で何とかシーズナルパターンというものが形になってきました。
今回は太っ腹?でそれを公開いたします。
まあ、スナイパーがメインで釣りをしている糸島・呼子・鷹島等限定ではありますが、
参考になさりたい方はどうぞ。
一応魚種はタケノコメバル、アラカブ、ムラソイとお考えください。
キジハタ等のハタ系はまだパターンが確立していません。

 【スポーニング期】 11月~4月
 ズバリ狙うべきは漁港。または漁港隣接の地磯・ゴロタ。
風波の影響受けない所がグッド!
水深の浅い福岡エリアの漁港はナイトがベター。
漁港の奥の奥の“こんな所に”というスポットも撃つべし。
まあ、このあたりはバスフィッシングと同じ感覚。
バスでもガンガンとドシャローにボートを突っ込んで撃っていく。
まさに撃ったモン勝ち。
スポーニング期といえどもベイトフィッシュの存在は無視できない。
ベイトの数とロックフィッシュの数は比例する。

 【アーリーサマー期】 5月~7月
 アフタースポーンから回復した魚たちが活発に餌を追う時期。
ズバリ地磯・ゴロタを狙うべし。
安全面からもデイゲームがグッド。
漁港隣接の地磯・ゴロタからだんだん離れていくイメージで魚を追うと良い。
スーパーシャローからディープまで魚はいる。
数・サイズとも期待できるハイシーズンである。

 【インターバル期】 8月~10月
 夏のハイシーズンが終わり、冬のスポーニング期までのある意味低迷期。
水温が下がらない昨今はとにかく厳しい。
この時期はハタ系ロックを狙うのが良いかも。
ハタ系を含め、今年はこの時期とにかくシャローで釣れている。
キーは、やはりベイトフィッシュ。ウィードも重要。

 簡単にまとめればこんなところです。
季節や地形など、より大きな要素から始めて
だんだん小さな要素を絞り込んでいくやり方を
トップダウンと言います。
これは別に釣り用語でも何でもなく、
勉強や仕事などあらゆる面で活用できる科学的な方法です。
科学的というのは言い換えれば、繰り返しがきくということです。
これに対し、先の例のような「どこそこで何が釣れた(釣れている)」ので
そこにGO!なんてのは末端の要素(結果)からアプローチするやり方で
ボトムアップと言います。
繰り返しのきかない非科学的な方法です。


 いろいろと書きましたが、今回はこれまでです。
最後に一つ…
当ブログをご覧の方が思っている以上に…何倍も何十倍も色々なことを考え、
行動に移し、歩き、撃ち、一尾にたどり着いています
今回のこの記事が、安易な方法で手にした一尾にどれほどの価値があるのか
考え直す機会になれば幸いです。
ではまた!






 ではまた!と言いながら、やっぱり映画音楽m(__)m
今回は音楽そのものより、台詞や雰囲気をお楽しみください。
「クリムゾンタイド」'95アメリカ映画 監督トニー・スコット
出演 デンゼル・ワシントン ジーン・ハックマン ジョージ・ズンザ ほか
より原子力潜水艦アラバマへの乗艦シーン。
ラムジー艦長(ハックマン)が乗員に演説するシーンです。
「クリムゾンタイド スピーチ」と題がつくほどファンに人気があります。
見る度に鳥肌が立ちます。
音楽はハンス・ジマーです。

 

 台詞の意味は大体以下のとおり。
字幕を参考にし、訳しきらん所は字幕のまま。
気に入らん所はスナイパー流に訳し、原語のままがいい所はあえて訳してません。

 総員集合完了しました!

 アヒルども!
 ロシアでトラブルが発生し、我々は今ここにいる。
 我々の艦は人類が開発した最も強力な殺人マシーンを携え、そこに向かう。
 我々は戦争の歴史の中で比類なき攻撃力を所有している。
 目的はただ一つ。祖国の防衛だ。
 我々は戦いの最前線に立ち、同時に最後の防衛線となる。
 各自最善を尽くすのだ。
 それができない奴は空軍行きだ!
 
 (アハハハハ)
 最高司令官は大統領だが、これは私の艦だ。
 とにかく私についてこい。
 ドジる奴はそのケツに私のブーツの先がめり込むのを感じるであろう!
 
 (アハハハハ)
 当直士官! 
 
 Yes,sir!(イエス、サー)

 艦の名を知っているな。
 
 知っております!

 誇り高き名だ。
 
 誇り高き名です!

 乗員は精鋭ぞろい。
 
 精鋭ぞろいです!

 優秀なアメリカ人だ。
 
 そのとおりです!

 世界最高の国だ。
 
 世界最高の国です!

 その艦の名は?
 
 “アラバマ”です!

 合言葉を! 
 
 GO “Bama”!(ゴーバマ!)
 
 Roll Tide!(ロールタイド!)
 
 よし、以上だ。解散!
 
 各主任及び全乗組員配置につけ!行け!



 スナイパーは空と海が大好きなので、空と海を舞台にした物語が好きです。
それに戦いが絡むとサイコー!です。
日本は海洋国であるにも関わらず、海洋ロマンを描いた傑作映画が少ないですな~
ちょっと寂しいですね。
ちなみにスナイパーが船やボートで出航するときに脳内で流れる音楽が3つあります。
一つはこの「クリムゾンタイド」のテーマ。
二つめが「宇宙戦艦ヤマト」のテーマ。
そしてもう一つがサブちゃんの「北の漁場」(爆)
時化たときにはやっぱこれでっせ!



 ↓↓↓クリックしていただくとありがたきしあわせです
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ



 






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ルアーフィッシング=ハニースポット探し

「魚を探す能力に長けている。」正しく同感です!
現在迄、対スズキ、サワラ、イカ、タコ、バス、青物、メバル、アジ、ライギョ、根魚等、様々なルアーフィッシングに挑戦してきましたが、「自分で釣る魚は自分で探す。」事をした魚種だけが一定の釣果を出せています。様々な媒体で氾濫する情報を頼りに行った釣り場では、ことごとく貧果に終わっています。私は、季節毎に狙う魚種を変えている釣り師なので、少数魚種狙いに特化した釣り師からは一見すると非常に浮気者に見られるかもしれませんが、スズキ、根魚(メバルを含みます)、イカ、バスの4魚種に関しては、教材を購入し自分なりに研究を重ねてきました。
ソルトルアー1年未満の初心者がベテランに伍する為には、トップダウン方式は非常に有効でした。
現在、対スズキ戦に関しては、朧気ながらハニースポットがつかめて来たので、狙って出撃した際には必ず捕れていますが、非常に分布域の広い魚種ですので奥が深いことを実感しています。
晩秋に掛けての対スズキ戦のベストシーズンが終わると、根魚の本格シーズンを迎えますが、研鑽に励みたいと思います。

非常に長文で失礼致しました。

質問の方は、Secretモードで送信しております。
非常にお手を煩わせる事に成るかとは思いますがご教示願えたら幸いです。

記事に共感していただき、大変うれしく思います。
鎌海豚さんのブログを拝見しても、大変釣行の密度が濃く、
釣果を見ても、相当な研究をされているということは手に取るように分かります。
短期間でのレベルアップには目を見張るばかりです。
これからもお互いにたゆまぬ研鑽を続けていきましょう!

さて、ご質問への回答は以下のとおりです。
あくまでもスナイパーだったらこうするという感じですがご容赦ください。
まず、A-TECに組み合わせるリールですが、
ピッチングを多用するので、左巻きのシルバーマックスかHRFのいずれかを使います。
ロッドを持ち変えずにそのまま操作に移れるからです。
フリッピングスイッチですが、旧TDシリーズについていて、使ったことがありますが、
どうもなじめませんでした。
クラッチから指を放しただけでクラッチがつながってしまうのは使いにくかったですね。
このあたりは実際に使ってみて自分に合うかどうかで決めるのがよろしいかと思います。
スピニングについては当ブログをご覧のとおり、基本的に戦力外です。(メバリングは別)
使用機会はオープンウォーターでライトリグ(5g未満のジグヘッド)を使うときに限られますが、
そうなると、リーダーの30lb.は太いかなという気がします。
リグの沈下が遅くなったり、リーダーを長くしたときに糸よれが生じたり…
メインのPEが2号なので、3号(10~12lb.)まで落としても良さそうです。
繰り返しになりますが、スピニングの使用機会はスナイパーの場合、ないに等しいです。

以上です。
なんだか拙い回答になってしまいましたm(__)m
また、ご質問があればいつでもご遠慮なくお寄せください^^




クリムゾンタイド。。。あの緊迫感はたまりませんね(^_^)v

今年の関門キジハタは、陸からは残念なサイズばかりでした(T_T)

いつもながら勉強になりますねъ( ゜ー^)♪

潜水艦モノにハズレなしと言いますが、
「Uボート」と並んで、潜水艦モノベストムービーですね。
男の信念が見事に描かれてますね。

こちらも今日はサイズアップに苦しみました。
ま、この辛さが一つのやりがいでもあります。
30が釣れた時の喜びはひとしおですよね。

少しでもお役に立てば光栄です。
実は釣りに限ったことでなく、世の中なにか安易な方向に流れているような気がします。
便利さを全ては否定しませんが、大切な何かが置き去りにされているような気がしてなりません。

すごい研究されてますね~

大変参考になります^^
海ルアー初めて20数年になりますが、
あんまし深く考えたことはなかったですね~
その場所にいったら魚の気配を感じて撃つ
って感じですw
最近はルアー人口もめっちゃ増えて
サンデー釣りする自分にとってはなんとも・・・w
ガイドブック持ってますよ^^
あんましあてにはならんけど大体の感じはつかめますよね~
やっぱその時期、時合かな~
どこのポイントはこの時期がいいみたいな。
あとは魚の気配を重要視してます^^
時間があれば今年は新規開拓しようかと思ってます^^
いつも楽しみにブログ見させていただいてます^^

ありがとうございます!

バスにおけるパターンフィッシングというやつの応用です。
バスでも魚を探すキーになるのは産卵行動と捕食行動です。
それを規模を思いっきり大きくして、海にあてはめた感じです。
ただし、あまりパターン化しようとすると視野が狭くなり、融通が利かなくなります。
ファジーな部分も残しておかないといけません。
そういう意味で、「勘」というのも大切だと思います。
とにかく歩いた距離と撃った回数に釣果は比例する。
これは間違いなさそうです^^
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。