ザ・テクニック その2 You should! ベイトリールのススメ

ザ・テクニック その2 You should! ベイトリールのススメ

 皆さんこんにちは!
ここ福岡は台風9号の影響で昨日から雨が降っており、
ようやく猛暑から解放された感じです。
このまま秋めいてくれるとうれしいのですが…

 さて、「ザ・テクニック」の第2弾です。
前回はピッチング&フリッピングでしたが、そもそもこれらのテクニックはベイトリールの
使用が大前提でした。
ということで、順序が前後した感はありますが、今回はベイトリールのベーシックです。
基礎中の基礎ですので、これからベイトの導入を考えている人、
またはベイトを導入したものの、うまく使えず悩んでいる人向きです。
悪しからず…

 今回もYouTubeの力をお借りします。
今回ももなかなかこれだというのがなく、まあマシなヤツを拝借です。
英語なので分からない人も多いでしょうから、解説します。
とりあえずは動画をどうぞ。
  
 
 では、動画に沿って解説を
 1 人差し指をトリガーにかけ、親指はスプールの上に。
  この親指でスプールの回転を制御することを「サミング」といいます。
 2 そのまま親指でクラッチレバー(サムバー)を押し込めばクラッチが切れ、
  スプールがフリーになり、投げられる状態になります。ハンドルを回せば、
  クラッチはつながります。ちなみにダイワのリールは、クラッチレバーを
  上に戻すことでもクラッチをつなぐことができます。
  垂らしの長さは、精度重視のときは短めに、飛距離重視のときは長めにとります。
 3 ブレーキの調整方法です。ブレーキシステムは大きくマグブレーキと遠心ブレーキの
  2種類があります。どちらにせよ初心者の場合、強めに設定してください。
  もう一つハンドル側にメカニカルブレーキがあります。ノブを回すことによって調節できます。
  これもきつめに設定してください。具体的にいえば、マグブレーキの場合はクラッチを切った
  ときにごくゆっくりとルアーが落ちる程度に、遠心ブレーキの場合はクラッチを切って
  ロッドを揺するとルアーが落ちるくらいにです。(動画2:30くらい)
  ベイトリールで最も厄介なのが、スプールの回り過ぎによって起こるバックラッシュです。
  (動画では意図的にバックラッシュを起こしています。)
  ブレーキを強めに設定することによってこのバックラッシュの発生を防ぐことができます。
  もう一つ、サミングもバックラッシュを防ぐ有効な手段です。
 4 さて、それではキャストに移ります。基本のオーバーヘッドキャストです。
  スイング方法は別にスピニングと変わりはありません。
  動画では一つ一つの動作を止め説明していますが、一連の動作はスムーズに行います。
  また、動画ではシングルハンドで投げていますが、ロングロッドでは左手も添えて
  ダブルハンドで投げます。
  リールの向きに注意してください。親指が内側(自分側)に向くようにしてください。
  親指を離すタイミングはかなり早めを意識してください。
  スピニングの場合、ちょうどロッドが12時の位置にきたときが基本ですが、
  それよりかなり早めを意識していいです。これはベイトの場合、親指を離し、
  スプールが回り始めるまでタイムラグがあるからです。
  さらに、親指を離すと言ってもほんの一瞬で、ルアーが飛んでいるときも
  軽くサミングし、回転を制御します。  
  最後はルアーが着水する直前に強くサミングし、スプールを止め、
  バックラッシュを防ぎます。

 さて、いかがでしょう。
さらにスナイパー流の補足をします。
初心者が陥る間違いの多くは実は上述3のブレーキの調整なのです。
上手く投げられない…という人のタックルを拝借すると100%ブレーキが弱過ぎです。
飛距離を出したいがあまりブレーキを弱めに設定してしまう…これが初心者が陥る間違いです。
飛距離を出すのはスプールの回転性能だけではありません。
各釣り具メーカーがあれやこれやとブレーキシステムを開発するのはどうしてでしょう。
飛ばすためにはバックラッシュを防ぎ、効率的に良く効くブレーキが必要だからです。
では、ブレーキを強めに調節します。
いざ投げてみます。
飛びませんね。
どうしてでしょう?
スイングスピードが遅いからです。
スピニングはラインが完全にフリーになるので、
スイングスピードが遅くともそれなりに飛んでくれます。
ベイトの場合はそうはいきません。
ブレーキが懸かり、回転を抑えられたスプールからラインを引き出しながら飛ばすのです。
しっかりとルアーの重みをロッドに乗せ、ロッドのしなりを生かしたキャスティングを
しないと飛んでくれません。
そのためには、絶対的なスイングスピードが必要なのです。
では、まとめます。
 
 【ベイト初心者のためのキモ】
 1 ブレーキを強めに調整すること。
  まずは飛距離を出すことよりバックラッシュを防ぐことに重点を置くべし。
 2 重めのルアー(ウェイト)で練習すること。
  シングルハンドなら10g以上。ダブルハンドなら14g以上。
  各自の体格や筋力に応じて臨機応変に。
 3 柔らかめのロッド(ミディアム以下)で練習すること。
  言うまでもなく、ロッドをしならせやすいため。
 4 スイングスピードを上げること。
  ロッドのしなりを生むのはスイングスピード。
  へなちょこスイングではロッドはしならない。

 以上4点です。
あとは練習あるのみです。


 オマケです。
プロのキャスティングをご覧あれ。
特にスイングスピードにご注目!
 

 バスフィッシング界のカリスマ今江克隆氏。
まあ、上手いですわな。
でもこれがプロにしか成し得ない業かと言えばそんなことはありません。
ひとえにその人の努力次第です。
50m以上の距離でのアキュラシーキャスト。
これがベイトタックルでの醍醐味ですな。
では、また!


 ↓↓↓クリックしていただくとありがたきしあわせです
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

すげぇ

うまいですね~さすがです。
自分は若かりし頃はベイト使ってたんですが
今はスピニング1本ですw

是非とも…

以前は使っていらしたんですね~
ベイトを使うことによって、“狙って投げる”“際どい所にルアーを入れる”
必然的にこういう意識がどんどん強くなります。
ロックフィッシングではそれがいかに大切で、
釣果に直結するかは言わずもがなです。
是非出戻り?をおススメいたします^^

No title

お久しぶりです

アキュラシーキャストは重要って
フローター初めてから、実感してます(気がつくのが遅い??)

オカッパリ時には、とにかく投げてバスがいれば喰うんだよみたいに
ある程度、バスがいそうな所へポチョンi-201的な考えが7割(汗)
それで、ある程度は釣れてたし、満足もしてました

しかし、フローター初めて
サイズ、数を求めるようになり、バスがいそうなところに
投げるんだけど釣れない
釣るためには、さらに奥…
そして、いる所にルアーを届けねばならないって!!

例えば、お昼のカバー撃ち
見た感じ10cm位の幅のシェード!!
そこに、ジグを入れれるかどうかで釣れる釣れないが決まってくる
何度も撃ち直し、ようやく狙いどうりに…
入っても、もうバスは逃げてる(笑)
時間を置いて、同じカバーを撃ち直し…
スマートに決まれば喰ってくることが多々i-202
キャスト精度は重要って実感してる日々
ルアーの操作がウンヌン…よりも
まずわ、バスにルアーを届ける??ことが大切と…

長々と語っちゃいましたが(すみません)
いつも、ヒントいただいているスナイパーさんのブログ(…いつも読み逃げですが)
今後ともヨロシクです

No title

わかりやすいっ!
10代の頃、村田基さん・バーニーシュルツさんのビデオを見まくって練習しまくったのを思い出しました。
コンパクトなバックスイングに大きな力を乗せられるようになるには
かなりの時間がかかりましたが楽しかったです。
あと、真のオーバーヘッドキャストの重要性にも気づくことができ、面の重要性も理解することができました。そしてスタートは確かに強いブレーキで思いっきり振ことでした^^
しかもその方が着水音を消せることにも感動でした。
なつかしいぃ♪
最近はまたスピニングばかりでしたが
秋からまたベイトを出動させたくなりましたe-446
かなりナマってますから・・

>柚パパさん

コメントありがとうございます!
まさにそのとおり!
入れれば食うんです。
まずはキャストありきです。
フローター始められて実感されたということですが、
スナイパーもボートに乗り始めて特にアキュラシーを意識するようになりました。
そうなると、オカッパリのときも意識するように自然となるもんです。

潮目を狙う、ナブラを狙う、橋脚を狙う、沈み根を狙う、ブイを狙う…
ソルトでも様々な狙うシチュエーションがあります。
一人でも多くの人に共感していただけると記事を書いた甲斐があります。
今後もご遠慮なくどんどんコメントお寄せください。
今後ともヨロシクです^^

>TOSHさん

ありがとうございます。
YouTubeを拝借しているとは言え、技術を言葉にするのはやっぱり難しいです(>_<)

JIM村田&バーニーも神キャストの持ち主ですね。
スナイパーも「釣りロマン~」のビデオを何度も観ました。
一時期、キャスト決まったときは“バーニーキャスト!”と叫んでました(爆)
「強いブレーキ」は意外と盲点になっているような気がします。
バックラッシュさえ防げば、ブンブン振れる→キャストスピードが上がる→
コンパクトスイングもできるようになる…てな具合にドンドン上達します。

試験終わったらガンガンベイト出動させて釣りまくってください!
では、試験勉強も頑張ってくださいv-218
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索