スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ザ・テクニック その1 シャローカバーフィッシングの神髄

ザ・テクニック その1 シャローカバーフィッシングの神髄

 新カテゴリーを作りました。
その名も「ザ・テクニック」。
その名のとおり、技術的な部分を解説しようというカテゴリーです。
今まで記事の中でテクニックの解説というのはほとんどやっていませんでした。
技術を言葉で伝えるのは難しく、冗長になるだけでなかなか伝わらないというのが
その理由です。
画像や動画を使えば多少分かりやすくなるでしょうが、
実際の釣行時にそのための写真や動画を撮るのは厳しいし…
そこで思いついたのがYouTubeの利用です。
今後このカテゴリーのすべての記事でYouTubeを使うかどうかは分かりませんが、
使えるものは使っていこうと思います。

 記念すべき?第1回目は「シャローカバーフィッシングの神髄」。
これまで何回も言ってきましたが、スナイパーの根幹にあるのはバスフィッシング。
そしてこれまた何度も言ってきましたが、スナイパーはシャローカバーフィッシャーマンです。
ここで言う「カバー」とは、魚が身を隠す障害物全般を言います。
橋脚やテトラや浮きゴミなどの人工物。
立ち木や水草やウィードなどの自然物。
これらはすべて「カバー」です。
これらをよく「ストラクチャー」と言う人がいますが、
ストラクチャーは「構成・組立」が第一義。
バスフィッシングにおいては「地形」を意味します。
つまり、スナイパーとは対照的に、(底の)地形を読み、ディープをせめるアングラーを
ストラクチャーフィッシャーマンと言います。
話が逸れ気味ですが、魚が潜んでいるであろう、目に見えるカバーに
ルアーをブチ込んでいくのがスナイパーの釣り方だということです。
これはバスであろうとロックフィッシュであろうと変わりません。
そこで重要になるのはキャスティングの精度です。
数cmの隙間にルアーを入れることもしばしばです。
そこで欠かせないのが“ピッチング&フリッピング”です。
ベイトタックルの使用が大前提となりますが、
ベイトが使える人でもピッチ&フリップができないという人も多いのでないかと思われます。
これを機にマスターしてはいかがでしょう。
必ずや強力な武器になるはずです。

 さて動画です。
なかなかこれだという動画がなく苦労しました。
その中でも一番マシなやつを持ってきました。
何はともあれどうぞ…
 

 このNick Barrなるアングラーが何者かは知りません
右投げ・左ハンドル・ショートグリップのロッドというのがスナイパーと一致します。
大体イメージはつかめたでしょうか。
【重要ポイント】
 ● 手首を柔軟に使うこと
 ● ラインの垂らしの長さはちょうどリールの位置が基本
 ● 振り子の原理で飛ばし、ロッドティップを上げること
 ● 低い弾道で着水はソフトにすること
 ● フリッピングでは予め左手でラインを引き出しておいて飛んでいくルアーに合わせ、
  ラインを送り込んでいくこと(クラッチはつながったままです)

 ちなみにスナイパーのピッチングとフリッピングの使用比率は9:1です。
これはリールの性能向上と左ハンドルの普及が関係しています。
今の高性能リールは軽いルアーでもスムーズにスプールが回転し、飛ばすことができます。
また、左ハンドルのおかげでクラッチのオン・オフが素早くできます。
このあたりはやってみないとなかなか伝わらないかな…

 あとは練習あるのみです。
これも今まで何度も言いましたが、練習すれば誰でもできます。
部屋の中でもできます。子供でもできます。
あとは一段上を目指すかどうか、あなたのモチベーション次第です。

 もうひとつオマケをどうぞ。
Gルーミスのプロモーションビデオです。
なかなかCOOLですよ。
 

 魚とのファイトにご注目。
これがブチ曲げ+ノードラグ&ノーポンピング+ガン巻きのファイトです。
スナイパーはこれが体に染みついてしまってます。
釣りのジャンルによっては悲劇を生みますが…(T_T)

 では今回はこのへんでSee You!!!


 ↓↓↓クリックしていただくとありがたきしあわせです
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

この記事見落としてましたe-330

僕は左ハンドルなんでフリッピングはほぼゼロでした・・ハンドルにしょっちゅう引っ掛けるうえにスナイパーさんがおっしゃるように必要を感じませんでした。

カバーとストラクチャーの説明ありがとうございます。個人的にはこんなの希望です^^

にしてもあちらの方のスイングスピードはやはりハンパないですねe-451(PV)
ファイトは僕も負けてないつもりですよ!
バラす前に抜くっってスタイルでしたe-348

No title

スナイパーの場合、ちょうどダイワが左右非対称の左ハンドルが出した頃に
フリッパースタイルに傾倒していきました。
どちらも試したんですが、やっぱりピッチングの方がやり易かったです。

釣り用語の和製英語は紛らわしいですね。
かと言って定着しているものを今更矯正するのもイヤラシイし…
当たり前ですが、アメリカでは正しい英語しゃべらんと通じんし…
自ブログでは極力正しい英語で書いていこうと思います。

アメリカンはキャストもファイトもスゴイっす(@_@)
ヤツらに負けぬよう大和魂見せてあげましょうv-91
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。