スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

出撃! 2010.08.13釣行記 THE WALL

出撃! 2010.08.13釣行記 THE WALL

 さて、久しぶりの本気ロックフィッシングです。
狙いは当然幻のKINGキジハタ!
お盆休暇で福岡に帰ってきている水理研つり部元祖メンバーの藻類君、師匠君が参戦。
それに兄貴も加わり、計4名による釣行になりました。

 目指したのは佐賀県某地磯群。
 jiiso100813-1
 ご覧のとおりのハードロックフィッシュ。
立っているだけで汗が噴き出してくるほどの蒸し暑さ。
ダイハードな根性がないとこの種の釣りはできません。

 男たちの狙撃銃
 tackles100813
 ハードタックル揃い踏み。
ある意味勇壮でんな~
それぞれの武器を手に戦場に向かう。
アラをそれぞれ1尾ずつ計4尾という意味不明のノルマを課し、いざ出陣!
合言葉は“フィールダーを捜せ!”
なんじゃらほい

 cliff100813-1
 cliff100813-2
 決して無理をせず、安全なルートを選んで入磯しましょう。
藻類君と師匠君もついに磯靴(フェルトスパイク)を購入。
最初に入ったこの瀬ではアラカブと思われる小バイトが連発しましたが、
いずれも乗りませんでした。
1時間ほどでこの瀬に見切りを付けました。

 少し歩くだけで全身から汗が噴き出し、息も絶え絶えになります。
移動途中に運良く水道があったので、皆頭から水をかぶり少し回復。
まさに魔法の水です(^-^)

 次に入った瀬でようやくいい反応が出始めました。
まずはスナイパー
 arakabu&sniper100813-1
 小さいけどようやくアラカブキャッチ!
このころ背後で藻類君が…

 スナイパーは外海側のディープを攻めていましたが、
背後で藻類君と師匠君は入江状になったシャローを攻めていました。
正面の壁ギリギリにキャストすると…
バイト連発!しかも
 souruikun&kijihata100813-1
 souruikunkijihata100813-1
 キジハタゲットー!
 もう一丁
 souruikun&kijihata100813-2
 キジハタゲットー!
く、屈辱の弟子のドヤ顔2回連続撮影~
こういうパターンをやってみるのはバスフィッシャーマンの性です。
実はスナイパーも以前この瀬に入ったときに同じことをやったのですが、
その時はあいにくの不発(>_<)
が、今日は超強力なパターンになるとは…

 師匠君も
 arakabu%sisyoukun100813
 このアラカブを皮切りにヒットを重ねます。
 
 スナイパーもちょいと壁パターンを試させてもらうと
 arakabu&sniper100813-2
 なかなかいいアラカブがきましたよ!
23cmくらいかな~ それにしても強力なパターンや~

 この後サーッと雨が降り、幾分暑さが和らぎました。
ベイトフィッシュの動きが活発になり、
ディープ側でも反応が出始めました。
 arakabu100813-3
 こんくらいのとチビポニョを3尾ほど釣った後…
 
 ついに念願の 
 kijihata&sniper100813
 kijihata100813
 キジハタです。小さいけど

 壁パターン恐るべし。
 fish100813
 藻類君と師匠君が壁で釣ったお魚さんたち。
キジハタ×2、アラカブ×うじゃうじゃ。
 souruikun-wall
 この壁を【藻類WALL】と名付けましょう。

 この後呼子エリアへ移動。
実績のあるスポットを回りましたが、反応はいまひとつ。
最後に入ったエリアでようやくスナイパーに
 arakabu100813-4
 何気にいいアラカブ25cm級がきました!
こういうのがポンと出るところが呼子の底力やな~

 ロックフィッシュはいいのが釣れなかった兄貴もここで
 magoti&aniki100813
 マゴチをゲット!です。
これにてストップフィッシングとしました~

 どうもお疲れ様でした。
 anglers100813
 ぶっ倒れそうなくらい蒸し暑かったけど、本当に楽しい釣行でした。
今回は藻類君に天晴れマークをあげましょう!
これからもこそ~っと【藻類WALL】で釣りまくっちゃるけんね
ホントにホントにお疲れさん!
また一緒に釣りしましょう! 

 
 ↓↓↓クリックしていただくとありがたきしあわせです
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

まさに

真夏のロックフェスティバルって感じですね!
見ているだけで私もワクワクしてきます!! 今すぐにでもフィールドに行きたくなりました。
悲願のキジハタおめでとうございます! 来てますねぇ~ 私も先週福島でキジハタ釣りました。が、サイズがぁ~・・・・
お互い幻の尺キジハタ目指して頑張りましょう

ダイハード

いやはや超ハードな釣行でした。
サウナの中で釣りしたの初めてです(笑)
ようやくキジハタ出ました。
今回の釣りでおぼろげながらキジハタへのアプローチが見えてきたような…
数釣ればサイズがいいのも混じるでしょう。
まずはやっぱり30かな~^^

満喫させていただきました

先日は有難うございました!

キジハタは刺身にして、他は冷房きかせた部屋でナベという贅沢を味わいました。

恐ろしくハマった壁パターン…
汎用性のあるものなのか、検証は是非お願いします。

どうにかしてヤツらの電光石火もぐりに対抗したいんですが・・・
人間には無理なのか・・・

名古屋でも抗ってみます!!

お疲れサンボ!

ホントにお疲れさんでした。

やっぱ鍋にしたんかい(@_@)
でもこの時期にフウフウしながら食べるのもおつなもんかな。
こちらは今晩ホイル蒸し焼き。
キジハタはアラカブよりまいう~だわ。

ディープにばかり気が行っていたけど、まさかのシャロー爆発。
釣りに先入観は禁物だね~
でも今後も検証は必要やね。

あのスピードは人間の反応スピードの限界を超えている。
最後は鉄棒ロッドで対抗するしかないのか…

名古屋ロック今後の展開楽しみにしとるよ。
また福岡に帰ってきたときはBOMBER!だね。

流石です(`-´)ゞ

いやぁ~暑い中やっとりますですね~(≧∇≦)

私は、8月いっぱい(特に盆)はかなり激務で釣りに行けてません_| ̄|○

灼熱ロック…終わらないうちに行っときたいっすよ~(T▽T)

来月からは、ライトショアジギング開幕っすよ~(* ̄∇ ̄*)

っということで、今月のロック釣果は見送りっすね~( ̄ー☆

こんばんは~

ホントに気の遠くなる暑さでした(+_+)
でも初めて入る磯はワクワクドキドキしますね。
単純に楽しいです!
ショアジグもう少しですね。
秋風が恋しいっすな~^^

No title

備忘録気味に…。

ロック組爆釣お疲れさんでした。同日淡水班もがんばりました。
ブラックバス53センチ、自己新更新。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
エリア:福岡某河川堰直下
タックル:ベイトMH、ライン16ポンド
ルアー:円筒形のアンチクチョー、チャートリュース
リグ:テキサス(5/16oz)、ピッチングで
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
直前に同一エリア別所のシェイドで同じやり方にて45ゲット。
猛暑の合間、小雨混じりの曇り空。

異様に背黒だったんで最初はコイかと。
セキ下の急流に乗って走るバスをガッシリ止めてくれたオールドブルーダーに感謝。
(ラインが新品でも1メートル1円しない激安品だったんで不安でしたが…)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
p.s. 後日同一エリアにて甥っ子が46、45センチ捕獲。
スピニング、フロロ6ポンド、スプリット(3B×1)

伯父バカで申し訳ない。ついでに置いといてください~。

お久しぶりです^^

甥っ子さんとの淡水修行…
こんなに釣れてたんですね~
記録更新おめでとうございますv-308
円筒形のアンチクショーも健在なりですな~
つばタンと違い、修行のしがいのある甥っ子さん恐るべし(>_<)
末はタカヒロかバンダムか~

こちらもそろそろ淡水もせにゃいかん。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。