スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

道具こそ命! その24 最新タックル考

道具こそ命! その24 最新タックル考

 ふとしたことからロックフィッシングを始めて、早2年半。
「一尾でも多く、少しでも大きく」は釣り人共通の思い。
その思いを支えてくれるのが、日々使用するタックルたちです。
タックルに関しては過去にも「道具こそ命!」シリーズの中や
釣行記の中でも紹介してきたのですが、タックルは日々進化し、
それに対する考え方も変化していきます。
ということで、今回は最新のスナイパーの対ロックフィッシュ用タックル考です。

 まずはロッド&リールから
 rod&reel100522-1
 最新のスナイパーのメインウェポン。
ロッド:上 QUANTUM KVC76JG改
    下 アブ ホーネットスティンガー HSC-682MH
リール:上下共 アブ モラム SX1601C
ライン:上下共 サンライン BASIC FC(フロロ)16lb.

 まずはロッド。上はオーソドックスな76Hのフリップロッドです。
最近、地磯、ゴロタ、遠投&ディープ狙い(@鷹島)で多用してます。
実はバスのボートフィッシングでは使用頻度は高くありません。
自在にポジションが取れるボートで76は持て余します。
70前後の方が使い勝手がいいですね。
が、ソルトの場合はオカッパリです。
多少無理なポジションから狙ったスポットに撃ち込まなければならないことも
しばしばあります。やはりロングロッドが有利ですね。
お決まりの改造、トリガー&グリップエンドカット施しています。
画像を見てのとおり、76にしては極端なショートグリップにしています。
アメリカ製なので、軽く作ろうなんて発想は微塵もありません。
クソ重いです。
さらに長い分フッキング&リフティングパワーがある半面、
テコの原理でアングラー側にかかる力もかなりのものです
ヘナちょこ君には扱いきれないでしょうなぁ~。
下は漁港内の船溜まりなどで使用。
魚が漁港内に入ってくる冬期に使用頻度が高いかな。
かなりリーズナブルな2ピースロッドですが、安心して使えてます。
改造は全くしておらず、ノーマルのまま使用しています。

 お次はリール。やっぱりモラムですね。
ピッチング時の伸びは神。
が、じゃじゃ馬なので、慣れないと扱いが難しいでしょう。
メンテのし易さも神レベル。
調子悪いな~と思ったら、即オーバーホールしてます。
素人でもオーバーホールができるところがアブならでは。
こういうところは日本のメーカーも見習って欲しいな。
バックアップとしてレボ・エリートCBも使用。
が、エリートもモラムには敵いません。

 ラインです。
本来ナイロン派のスナイパーもソルトではフロロに落ち着きました。
理由は簡単。バスに比べ、深い水深を狙うことが多いからです。
根擦れ強度を考えるとアメリカ製極太ナイロンがベストですが、
例えば鷹島のディープは水深10m以上。ナイロンでは厳しかったですね。
ボトムを取るまで時間がかかり過ぎます。
感度に関してはナイロンもフロロもさほど差があるとは思いません。
ちなみにPEなんて全く眼中になし。

 補足でスピニングタックルについてです。
冬期の鷹島でショートバイトが頻発したため初めてロックフィッシュに
スピニングを導入しましたが、結論から言うとやはり戦力外です。
本格的にロックフィッシュをしようと考えている方はとにかくベイトタックルを
導入してください。
スピニングでできないと言っているのではありません。
戦闘力が低く、限界点があまりにも低いと言いたいのです。

 では、シンカーとフックです。
 sinker100522
 hook100522
 シンカーは鉛がほとんど。ブラス(真鍮)が少し。
タングステンは根掛かりの多いロックフィッシュでは使いません。
メーカーにこだわりなんてありません。釣り具屋にそのときあるものを買います。
実は90%以上1/4OZを使用しています。
スナイパーにとって1/4OZはバーサタイルウェイトです。
スーパーシャローからかなりのディープまで1/4OZでいきます。
鷹島のスーパーディープで3/8~3/4OZを使用しますが、
あまり重くしても根掛かり頻発や乗りの悪さなどのデメリットが目立ってきます。
1OZというのは今後も使わないでしょう。
1/8OZや3/16OZといった軽いウェイトも波に翻弄されやすく、
かえって根掛かりが多くなることもあります。使用頻度は少ないです。
ビーズは必ず入れますが、色は気分で選んでます

 フックは右下の1/0番と左下の2番でほぼ100%。
単純にルアーのサイズに合わせて使用してます。
WINNERSの確かSF(細軸)シリーズだったかな?
行きつけの釣り具屋で廉価で売ってます。
細軸を使うのはフッキングの良さと根掛かった時の救出率の良さからです。
魚に伸ばされたり折られたりはありません。心配ご無用。
左中のはスピニングタックル用ライトジグヘッドですが、
テキサスシンカー+ジグヘッドの、名付けて「テキサスジグ」でも釣れることが分かったので、
上述したように今後スピニングでの出番はないものと思われます。
上は2/0以上のサイズがゴチャゴチャと入ってますが、使用機会はゼロに近いです。
ロックフィッシングに根掛かりは付き物。
ですが、できるだけロストは避けたいもの。
最近はキャストして着底したら小刻みにロッドを震わせながらボトムスレスレを
スイミングさせるミドスト?のような方法も試しています。
ヒット率も悪くありません。根掛かりも防げます。
このようにテクニカルな部分もまだまだ開発の余地ありですね。

 最後はルアーです!
 lure100522-1
 lure100522-2
 lure100522-3
 これが最新のスナイパーのワームBOXです。
上から地味系メイン、派手系メイン、デカ系メインです。
詳細は割愛しますが、とにかく出番が多いのはバグアンツ(2インチ)とグラスミノー(M)。
究極この2つさえあれば、いつでもどこでもロックフィッシングができます。
ヒット率も神レベルですね。
本来ビッグルアーが好きなので、本当は一番下のBOXの大きめのルアーで
ガンガン釣りたいですね~
色に関しては正直まだ分からないことが多いです。
バスほどセレクティブでないような気がします。
マヅメやナイトがメインタイムとなることが多く、
またデイでも視認性の良さからやはり派手系のほうが出番が多いです。

 以上最新のスナイパー的タックル考ですが、いかがでしたか?
もし疑問、質問等あればコメントお寄せください。
では!


↓↓↓クリックしていただくとありがたきしあわせです
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

タックル・・・

続けてコメント申し訳ないです><
道具で思い出しました!
以前拍手にコメントいただいた、タックルの件ですが、
キス釣りに使ってたのは、月下美人ST-RF682Xです^^★
とっても使い易いし、キス釣りで使うと面白いです~^^

サンクス!

回答ありがとうございますe-466
ダイワのだろうなと思ってカタログ見ましたが、写真は載ってなかったですね。
月下美人でしたか~
スピニングめったに使いませんが、あのショートグリップはいいですな~

話変わって今日の「ザ・フィッシング」(最後のほうしか見れませんでしたが)で
ムラソイ釣って飼ってましたね。真似したくなってきました。
で、来週はいよいよ我らが?みっぴさんの出番ですね!
期待してます!

フックサイズに関して

以前、福岡東部で1/0と2を使用していましたが、大口のカサゴ、ハタ系ロックフィッシュの魚影が薄い地域では、小型の4、6で通用しますね、東部では小口のアイナメ系ロックフィッシュ(アイナメ、クジメ、ダイナンギンポ)が多い様なので・・・
ベイトタックルに関しては、対マダコ用としても極めて有効です。エギングで、度々海底に吸盤で貼り付かれて、エギをロストするので、タコを狙う時は、ベイトタックルで強引に巻き上げます。

なるほど

魚の口の大きさに合わせるという発想もありですね。
今は入れてませんが、マス針を入れていた時期もありました。
が、結局使用機がなく、戦力外に…
アイナメ系いいですね~
良く考えたらルアーでアイナメ系一尾たりとも釣ってないです。
完全に幻の魚と化してます。
もしかしたら乗らずに獲りそこなってきたのかもしれません。

ロックフィッシュやってるとタコアタック確かに多いですね。
で、貼り付きパワーも半端じゃない。
ライトタックルの相手じゃないですね。

意外な組み合わせですが

久しぶりの書き込みです

私は主に明石周辺のシャローが中心ですが、ガッチ(アラカブ)やソイには高強度ワームにがまかつのオクトバスと言う組み合わせを使うことがあります

ルアー用のフックではありませんが、ダウンショットには使いやすい組み合わせです

お久しぶりです^^

その節は「ゴルゴ~」の作者かと勘違いしてしまい、大変失礼しました(笑)

「がまかつオクトバス」ググってみたら、ロングシャンクのストレートって感じですね。
画像では分かりづらいですが、ケースの上段にストレートが3本程入ってます。
使用頻度は少ないです。
ちなみにスナイパーはダウンショットは全くしません。バスでもです。
99%テキサスで、残りの1%がキャロ(スプリット含む)かジグヘッドかという
正真正銘のテキサス刑事です(爆)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。