道具こそ命! その18 帰ってきたレボ&モラム オーバーホール

道具こそ命! その18 帰ってきたレボ&モラム オーバーホール

 桜の季節になりました。
咲いた後に寒い日が続いていたので、今年の桜さんたちも長生きです。
下の写真は先週福岡市を外れたK公園で撮影したものです。
 sakura090324-1
 sakura090324-2
 満開までもう少しといったところでした。
ひときわ目立っていたのが下の一本。
ソメイヨシノではなくオオシマザクラという種だそうです。
この週末がいよいよ最後かな。

 さて、本編。
修理に出していたレボエリート帰ってきました。もちろん無償修理です。
で、破損していたパーツはアルミから真鍮へと素材変更されました。
メーカー側から変更してよいかと事前の打診がありました。
同じ形状であれば、アルミより鉄や真鍮のほうが圧倒的に剛性は高いです。
アルミはその軽さを生かして太いパーツが作れる。
逆に言えば太さで剛性を稼ぐのです。
レーシングバイクのアルミモノコックフレームなんかがその例ですね。
あんなに細いパーツをアルミ製にするなんて…
ま、改善されて戻ってきたのでよしとしますか。

 レボの帰還に呼応するかのように…
モラムを手にとってハンドルを回すと、お、重い。
スプールがラインを噛んでいるのかと思い、クラッチ切ってスプール回すと
軽快に回ります。
本来ソルト対応でないリールをソルトで使っているので、
何かヤバイ事態になってしまったのか。
思い切ってオーバーホールに挑戦(決断早っ)

 まずは分解。
ハンドル外し、ドラグノブ外し、いよいよサイドプレート外します。
ここが一番気をつけないといけないところです。
サイドプレートでスプリングを押さえている場合が多いからです。
不用意に外してバネがポヨ~ンなんてことにならないように。
ピニオンギアを上下させるスプリングのテンションが軽くかかっていましたが、
無事に外せました。
 overhaul-1
 partslist
 パーツは紛失に気をつけ、整然と並べて置きましょう。
パーツの向きにも気をつけましょう。念のためにパーツリストも準備しておきましょう。
プラモ作りが趣味なので、この辺りはお手のモンです。

 overhaul-2
 どうやらこのシャフトの付け根のベアリングが錆やら汚れやらで
回りづらくなっているようです。
で、取り出したのが
 crc
 困ったときのCRC!
こいつをガンガン注入してはハンドルを回すを繰り返します。
茶色の錆汁がドロドロ出てきます。
数回繰り返し、ハンドルを150回転ほどさせたときに
突然憑き物が落ちたように軽快に回り始めました。
気持ちいい~

 今回さらに発見したヤバそうなのがここ。
 overhaul-3
 とここ。
 overhaul-4
 ベアリングとアンチリバースのパーツ。
サビサビ&ドロドロです。
ベアリングはCRCでOKですが、アンチリバースのほうはプラパーツも含むので
CRCはNGです。
そこで取り出したのが…
 tefliq
 今はなきMGC社の「テフリック」。
モデルガン&エアガン専用のテフロン系潤滑剤です。
これはプラやゴムを侵しません。
しかも超低粘性で部品洗浄にもピッタリです。
コイツを噴射すると、出るわ出るわドロドロ汁。
噴射し、拭き取りを10回以上繰り返し、キリがないので程々で終了~

 いよいよ仕上げです。
余分なオイルやグリスをクリーンアップし、新たにグリスアップします。
いいグリスはないかな~と思いついたのが
 grease
 ラジコン用のグリス(といってもトイラジですが)です。
いや~持つべきものは趣味ですな。
てあんたいくつ趣味持ってんねん
高回転で回転するラジコンのギアに使えるのでリールでもOKでしょう。
ベタつかないのに粘度もあり、遠心力で飛び散ることもありません。
コイツを最小限塗って機関部は終了です。

 念のため右側サイドプレートも開けてみました。
 overhaul-5
 いやはや綺麗なモンです。
水滴一滴、塵一つ入っていません。
パーツ精度が高い証拠ですね。

 あとはサクサク組み立て作業無事終了。
もちろんハンドル快適に回ります。ゴリゴリ感も消えました。
モラムとレボのツーショットです。
 morrum&revo
 う~んマンダム(意味不明)
今回やった作業がはたして正しいのかどうか分かりません。
あくまでも自己流なので安易に真似しないほうがよろしいかと。
不具合が生じたときはメーカーに問い合わせるかメーカーに任せるかが
ベストだと思います。

 肝心な釣りのほうはというと…
先々週は原因不明のめまいに悩まされ、先週からは質の悪い鼻風邪に悩まされ、
そんな中でも根性で出撃しましたが、相変わらずバイトも何にもありません。
こりゃもう釣りではありませんな。魚がいないところにルアー投げているだけ。
でもふと気づくとデカバスハンティングの季節~どこ行こうかな~。
マイボート復活させようかな。そのためにはエレキとバッテリーを…
お、お財布が~


↓↓↓クリックしていただくとありがたきしあわせです
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ

↓↓↓管理人オススメ激安ショップ!クールです
クールショップ!サングラスhttp://coolshopsunglass.ninja-web.net/
クールショップ!マスク&空気清浄グッズhttp://www.moshimo.com/bargain/405/219543/

 
 







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

うむ、お見事ぉー!

ではワタシのTD-X103HiLもよろしくお願いしますね(爆)

しっかし各メーカーを巻き込んだリール軽量化のうねり。
内情を知ればタフ&スパルタンとは程遠いこの残念さ加減。
修理に出した方が丈夫になるってぇのは…。
とは言ってもD社のガチガチ最新リールRは、あれはあれで相当うさんくさいですがね。

ロックに貴重な情報を仕入れました。某ショップのSさん、Kさんありがとう。

モラムの機関部のシンプルさに感動しました。
これでモラム使ってみて不具合がなければ
今後アブリールのオーバーホールは自分でできそうです。
ダイワのは旧TD(ジウジアーロデザイン)はガンガン分解していました。
X以降はノントラブルで開けたことありません。
バネポヨヨ~ンさえなければいけそうですが、
ソルト使用してなければ開ける必要はなさそうです。

ロックフィッシュ情報は去年までの情報は全く当てになりませんね。
よく考えたら我々も去年あれだけ釣れた所でやっているのですから。
間違いないのは能登半島ぐらいかな(遠!)

お疲れ様です。
身体調子わるかったんですね~。
デカバスに癒されるといいっすね。野池でもいいんじゃないですか?九州時代は足で池探して釣るのが好きでした(笑)
佐世保の野池でトップで40UP2発ってのがありましたよ。エキサイティングでした~(笑)

モラムカッコイイっすよね~。次は何か丸型のリールにしようと考えてます。
レボ復活おめでとうございます

あざーす!
めまいがしていたときは体が左に傾いていました(危)
そろそろ何でもいいけん魚釣らんと
クレイジーになりそうです。
(ってもうクレイジーだろが!)

ソルト用ではやっぱモラムが一番かな。
レボが期待していたよりおとなし過ぎですかね~。
今後は定期的にオーバーホールします。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索